腸内環境の改善に大切な食物繊維の種類とは

人間の健康にとって腸内環境の改善はとても大切なことです。健康だけではなく美容にとっても意義のあることなので、キレイになりたい女性も腸内環境を改善するように意識しなければなりません。

腸内環境を整えるのには腸にとって良い食品を毎日の生活で摂取するのが一番でしょう。そこでほとんどの人が思いつくのは食物繊維ではないでしょうか。

でも「食物繊維たっぷりの食事をしているのに調子が良くない」という人もいるかもしれません。そういう人は食物繊維の種類に注意して摂取するといいかもしれません。

食物繊維には水に溶けない不溶性食物繊維と水に溶ける水溶性食物繊維の2種類があります。

どちらも腸内の不要物を便として外に出す作用がありますが、不溶性食物繊維が便そのものの量を増やし、腸を刺激して便意を感じやすくなるのに対し、水溶性食物繊維は便を柔らかくして出やすくする作用があります。

特に便意があるのに固くて便秘気味なら水溶性食物繊維が不足しているのかもしれません。水溶性食物繊維は昆布やめかぶなどネバネバしたものに多く含まれているのでそのような食品を食事に取り入れてみたはどうでしょうか。

 

森下仁丹の独自のカプセル技術でビフィズス菌を生きたまま腸へ届けるビフィーナは定期コースがお得です。

腸の働きを整えて健康に大切な働きをしているのがビフィズス菌。ビフィズス菌は善玉菌、悪玉菌とに分けて考えられてきました。

ですが最近ではどんな働きをするのか?機能別に細かく分けられています。

森下仁丹では人間の健康に欠かせないビフィズス菌(ロンガム種BB536)に注目し研究開発が行われました。腸内の働きに大切なビフィズス菌は年齢と共に大幅に低下します。

赤ちゃんの時には腸内に99%以上占めていたビフィズス菌が成人になると約10%、さらに60歳を過ぎれば1%以下までに減少します。年齢だけではなくストレスや不規則な食生活、運動不足などでビフィズス菌は減少します。

ビフィズス菌を増やす事で腸内のバランスを整え便通も整えられます。

森下仁丹では腸内環境をデザインするビフィズス菌のサプリ「ビフィーナ」を開発しました。ビフィーナは腸内環境を整え便通改善をする機能があるビフィズス菌を50億個配合しています。

ビフィズス菌は強い酸性の人工胃液の中ではほとんどが死滅します。そこで森下仁丹では独自のカプセル技術でビフィズス菌を生きたまま腸へ届けることに成功しました。ビフィズス菌入りのカプセル「ビフィーナ」は人工胃液中での生存率は90%という高い生存率です。

しっかりと生きたビフィズス菌が腸まで届くビフィーナ、お得な定期コースがあるのも好評のようです。腸内環境を整えて便通を改善してみませんか。ビフィーナは健康な腸内環境を整えてくれます。

Writen by admin